NPO法人 古館まちづくりの会
NPO法人古館まちづくりの会

地域の予定

手作業での更新のため反映にはタイムラグがございます。ご了承ください。

事業内容

1 身近な相談受付(ミニ相談窓口事業)

地域の個人や活動団体の困りごとをなんでも受け付けます。どのような解決ができるか一緒に考えていきます。プライバシー・秘密は厳守します。

2 地域人財を活かす取組み(人財バンク事業)

古館地区は、人材の宝庫です。警察官・教師・看護師・保育士・地方自治体職員・経営者・農業従事者等々現役・元職含めていろいろな知識を持った方がいらっしゃいます。地域の「困ったな」に助言してもらえる人脈づくりを進めます。
また、昨年同様スマートフォンなどを利用した住民交流を進めます。

3 団体運営のお助け隊(団体サポート事業)

地域で活動する団体の困りごとや悩み事の解決を一緒に考えたり、円滑な運営が難しくなっている事務局業務のサポートを行ったりと地域での活動が効率よく運営されるためのお手伝いをします。

4 若者チームの取り組み(地域活性化等の事業)

20代~30代の会員を中心に、自由なアイディアで地域の活性化、地域課題の解決に向けた取り組みを行っています。
「古館地区防災ポータルサイト」の作成、地域イベントの開催、地域内の魅力発信などに取り組んでいます。


**活動の詳細はこちら**

5 地域密着型のこどもの居場所の設営(こどもの居場所づくり事業)

2021年度は、町営の学童保育事業を補う取組み(ヤンチャ―クラブ)、4~6年生の放課後学習支援(スイッチクラブ)、中学生の学習支援、緊急時の在宅学童に対する支援(SOSダイヤル)などの事業を運営し、より地域ニーズに沿ったこどもの居場所づくりをすすめます。
将来的には、これらの事業を通して子育て世代の住民が地域とのつながりを感じられる関係づくりとなることを期待します。

6 異世代間交流の場の運営(みんなの茶の間事業)

年齢、性別を越えた顔見知りを増やし、ここ数年多発している経験したことのない災害時だけでなく日常的にSOSを発することの出来る地域づくりを目指しています。
誰もが集まれるイベントやお茶会は、2020年度は十日市・中陣地区で、2021年度は下町地区でも月1回開催しております。

7 地域ニーズの調査と改善(調査・改善事業)

2019年度実施した「古館地区住民全員アンケート調査」(10才以上全住民対象:回収率49.8%)の集計分析を行い、2019年度末には古館地区全体の集計をまとめました。2020年度は、自治公民館毎(6)と行政区毎(19)の個別分析を進め、9月から3会場で地区報告会を実施しましたが、11月以降は新型コロナウイルス感染症対策により実施できず、分析資料を作成し回覧を行いました。
2021年度は、地区報告会を調整しながら実施し、地域ニーズを踏まえた団体活動のあり方や課題・魅力について考えていきます。


**活動の詳細はこちら**

※2021年度は、上記7つの活動に取り組む予定ですが、随時変更があり得ます。

会員募集

「NPO古館まちづくりの会」では、会の趣旨に賛同し、協力・協働してくれる個人や団体を大募集しています。

詳しくはこちら

賛助法人

こちらの企業から応援をいただいております。
特定非営利活動法人 宅老所えんどり
有限会社 月の輪酒造店
有限会社 ファミリー観光岩手
イオンスーパーセンター 紫波古館店

ページ上部へ戻る